2007年5月、バラとつつじが満開の美しい公園で開催された春の親子遠足、その時に使用した一枚のピーナツのイラストがきっかけで私達の活動は始まりました。それから10年、本当にたくさんの方のご支援と諸先生方のご指導をいただいて、普及啓発活動を展開して参りました。このプロジェクトに参加してくださった皆様、誠に有難うございました。
 
しかしながらここ数年は在庫管理、発送業務等に追われて、啓発活動に専念できない状況が続きました。ボランティア活動という不安定な運営形態よりも、確実に迅速に患者様のニーズに対応する為に、開発、出版、著作管理を一般社団法人エーエルサインに移管することにしました。とはいえ、これまで活動をともにしてきた仲間の中で、業務の分担をより明確にするという考え方です。これからも食物アレルギーサインプレートが小さな子供達の命を守る一助になるように、引き続き応援をどうぞよろしくお願いします。

Information

「平成28年度避難所における被災者支援に関する事例等報告書」(内閣府)に、私達が作ったビブスが紹介されました。


2017年4月より業務移行に伴い、食物アレルギーサインプレート、緊急時カード、れんしゅう帳、トラベルブック、災害時ビブスのお問い合わせは、 一般社団法人エーエルサインのHPにてご確認ください。